めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

……すかすかとぎゅうぎゅう。

エブリスタで更新中の、
霧内さんのいいたい放題Ⅱ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

今日は旦那さんの帰りが遅い~と喜んでたら、ぬか喜びに終わった霧内です。

今日旦那さん、忘年会なんですよ。

温泉旅館で。

泊まりではないんですが。

でも、温泉入って帰ってくるし、遅いよね!私もゆっくりお風呂に入ろ~。

とかうきうきしていたのも束の間。

「え?9時くらいには帰ってこれると思うけど」

帰ってこんでいいわー!!

しくしく。

あ、でも、明日は友達とカラオケなんですよね。

今度こそゆっくりしてきてくれればいいのに……。


さてさて。

書き込み不足を指摘されてから、ひたすら必死で書き込んできたのですが。

最近、今度は反対に詰め込みすぎなんじゃないかという疑惑が(笑)

すかすかなのもダメですが、ぎゅうぎゅうなのも読んでて窒息しちゃいますからね……。

適度に風通しよくしないと。

そこがまた、難しいんですよね~。

風通しがいいのと、すかすかはまた別物ですから。

 

少ない文字数でその場の空気感まで表現してる人に出会うと、軽く嫉妬してしまいます。

無い物ねだりって奴ですね!

結局、書いたものを何度も読んで、削って足して削って足してを繰り返すしかないのですが。

なかなかね~。

目標はキスしてるときの、吐息や衣擦れ、少し湿度高めな温度感、そういうのまできっちりイメージできるものを書くこと!!

最近はアニメを見ながら好きな表現にぶち当たると、「これを文字に起こすにはどうしたらいいか」とか考えながら見ています。

アニメとかドラマとか、まんがとか。

目に見える表現はいいですよね。

窓の外の青葉が紅葉してるだけで「ああ、それくらい時間がたったんだ」って一目でわかります。

年単位の経過なら、登場人物のしわとか白髪とか。

そこをきっちり書かなきゃいけない。

いまはまってる「舟を編む」だったら、ラーメンを食べるシーン。

 

俯いて眼鏡が落ちてきたのを指の背であげ、麺をするとレンズが曇るが次第にとれていく。
けれど、食べ終わってやはり気になるのでハンカチで眼鏡を拭く。

ざっと書くとこういう表現ですが、それを自然に、さりげなく、入れてて違和感ないように書けるようになりたいですね……。

ちなみにこのアニメ、眼鏡表現が素晴らしいし、みっちゃんがほんと私の理想眼鏡男子なのもありますが。

こう、空気感っていうか、さりげない表現がぐっとくるんですよね。

個人的にですが。

今期のアニメでそんなに人気ないみたいだし。

たぶん、何度も何度も繰り返し見る作品になると思います。

ストーリーが素敵、じゃなくて。

あ、ストーリーももちろん好きですよ。

表現がほんと、たまんない。

私の目指してる世界がそこにある感じ。

ちなみに三浦しをん先生の原作も途中まで読んでますが、アニメほど昂揚感がないんですよね……。

そこまで眼鏡表現がすぐれてるわけでもないので。

あ、昨日は超妄コンの39回をブッチして、40回をひたすら書いててお休みしました。