めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

……ストンと。

エブリスタで更新中の、
「霧内さんのいいたい放題Ⅲ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

蕁麻疹が出て、全身痒くてたまらなかった霧内です。

昨晩ですね、エビフライのっけカレーを食べたあとから。

痒くて痒くて。

お風呂入るときに見たら、全身蕁麻疹。

前回出たときもそうだったんですが、私、なぜかお風呂に入ったりお布団に潜り込んだりして、温まると小康状態になるのですよ……。

んで、今朝もあんまり痒くて、日曜日もやってる皮膚科に行ってきました。

先生曰く、乾燥らしいんですが……。

いや、いつもの乾燥で痒いのとちょっと違うからね?

エビアレルギーがとうとう出たのかと戦々恐々としてましたが、あっさり否定。

……ほんとに大丈夫なのか?

こわごわ、昨日のエビフライが残ってるので、夜食べてみますよ……。


さてさて。

金曜日、おかんはまあまあ満足されて帰りました。

ただ、昼食がもっと高級なの食べたかったようなので、ちょっと悪かったな~って。

パスタのお店に行ったのですが、思ってたよりかなりリーズナブルだったんですよ。

味はよかったので満足してましたけど。

次回来ることがあったら、もうちょっとリサーチして高くて美味しいお店に連れて行って差し上げよう。

 

おかんは子守を押しつけられたとかで、思ったよりもかなり早い時間に帰ってしまいまして。

夜の作家塾まで時間が……。

仕方ないので、一駅先まで歩き、一駅前で地下鉄を降りるということをやったのですが。

よく考えたら、素直に博多駅から天神にバスに乗ればよかった。

地下鉄代200円、バス代100円。

100円も節約できる上に、かならずこの区間は混みますから、時間も消費できて一石二鳥だったのに……。

もうね、本来の降りるべき駅しかあたまになくて。

そこに行くなら、地下鉄の方が便利なので。

それしか考えてなかったですよ……。

そしてスタバで3時間潰すという、迷惑このうえないことをやったのですが、私の前の方の席に、私が来るより前から座ってたふたり、私が店を出るのとあまり変わらない時間に店を出ましたからね。

さほど珍しくないのかしら?

この3時間のあいだに、超妄コン41回を消化しましたよ!!

悲鳴、悲鳴、って悩んで。

 

なぜか途中から、炊飯器からなにが出てきたらインパクトがあって面白いか、と。

色々考えた結果、ああいうのに落ち着きました(笑)

極短ですけど、反応(お星様を投げてくださる数)が、意外とよくてほくほくです。

選外でも落ち込まな~い。

で、いよいよの作家塾なんですが。

講師の方が覚えてくださってました。

あ、以前、短期でお世話になったところなんですよ。

昨年、ここの塾から、なろうでふたりデビューされてまして。

……でも、お一人の方は、講師曰くあまりいい作品とは思えないらしい。

あのレベルでいいなら、もっとデビューできるはず、と。

なぜか私をデビューさせることに燃えてらっしゃいました(笑)

で、ですよ。

今回の作家塾。

つくづく参加してよかったな、と。

まえにエブ編集部の講評で、「他人性を意識しろ」的なことを云われたのですが、あまりぴんとこなかったんですよ。

自分の思い通りにならなかったり、悪意を持ってる人間を出せっていわれても。

 

なーんかそんな人間ばかりじゃ面白くないし、萌えたいのにそれはなんか違う気がするし。

でも今回、作家塾でいわれたことが、「ああ、そこだよ!!!」って、もうほんと、声に出そうなくら、ストンと落ちました。

心の距離を描いて、焦らして切なさを演出しろ、だそうです。

最初っからゼロ距離の二人が、ゼロ距離のまま進んで、ゼロ距離のまま終わっても、焦らされてないし切なくないし、ああそうだよね、って読者の想像通りになっちゃうんですよ。

けど。

最初が離れてて、途中で縮まって、また離れてって繰り返せば、この先どうなるんだろってドキドキが生まれる。

読者さんも結末が読めない。

編集部のいいたいかったことって、まさにこういうことじゃないのかな~って。

ストンとほんと、落ちましたよ。

まあ、課題がわかったからってそれを克服するのは並大抵のことじゃないですが。

でも、どこをクリアするかが明確になっただけもめっけもんです。

作家塾、ほんと参加してみてよかったな~と思います。