めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

……ああ……………。

エブリスタで更新中の、
「霧内さんのいいたい放題Ⅲ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

すでに晩ごはんができあがっている霧内です。

本日はですね、作家塾の日なのですよ。

なので、晩ごはんはすでに作っております。

作っておいておかないと、旦那さんが食べられないですからね。

今日くらい、自分で作ってくれたらいいと思うんですが……。

なにしろ、旦那さんができるのは目玉焼きとインスタントラーメン(具なし)のみなので。

仕方ないので作っておいておきます。

ちなみに今日は、豚汁と焼きジャケです。

鮭を焼くくらい簡単だから、自分で焼いて欲しいところですが。

火加減とかどれくらい焼いていいのかとかわからないらしく、できないみたいで……。

仕方ないので焼いておいておきます。


さて。

昨日の夕方からさらに結果発表が伸び、焦れ焦れだったのですが。

先程、超妄コンの発表がありました。

今回は……優秀作品。

前回・前々回が選ばれもしなかったので、選ばれただけましですかね……。

 

そしてやっぱり、読者様の反応がいいときはあまりいい結果が出ない……。

前々回の奴は、それなりに皆さんに怖がっていただけて、反応としてはよかったんですけどね~。

前回の奴も、「これ、好きな奴!!」とかいっていただいた方がいて、それなりによかったのですが。

そして今回も、それなりによかったんですけどね……。

大抵、レビューとかペコメとかついて、反応がいいときはダメなんですよ、なぜか。

ほんと、なんでだろう……。

ここのところ、いまごろかっていわれそうですが、超妄コンの優秀作品を読んで、傾向と対策を立てているのですが。

編集部さんは純文がお好み?

なーんか、そんな作品ばかりなんですよね。

あと、たまに、「なんでこれが?」って作品が混ざってる。

もうかなり初期段階でネタバレしてるのに、「どうなるかわからなくてどきどきした」とか講評がついてて、あたまの中、クエスチョンだらけですよ。

オチが見えてるのに、ドキドキなんてできないし。

その作品については、他にもにたような感想を持ってらっしゃる方を見かけました。

 

あ、その作品は純大賞なんでけどね。

そんな具合で。

エブ編集部の基準がわからない。

最近、どんなに高水準な作品を出したとしても、エブ編集部の好みに合わないから入賞はないんじゃないか、とかすら思う。

暇人は霧内は、入賞作家の統計を取ってみたのですが、初めてとか、書いてても数作の方の方が入賞率が高い。

一生懸命何度もアタックしてる人より、そういう人が選ばれがち。

囲い込み作戦かとか疑いたくも。

あと、そういう作家さんは編集部に気に入られてるのか、書けば入賞みたいなところがある。

連続して入賞とかもありますし。

もうただ単に、編集部がその作家が好きなんじゃないか、って。

毎週木曜日の特集も、選ばれる人は結構決まってますし。

なんか、えこひいきがはびこってるみたいで嫌ですね。

まあ、こんなことをいくら云っても、負け犬の遠吠え、万年入選止まり作家の妬みでしかないですが。

作家塾に通って、ストーリーに手入れをして、それでもなお入賞できないんだったら、そういうのも本気で疑いたくなりますよ……。