めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

……卒業というかなんというか。

エブリスタで更新中の、
「霧内さんのいいたい放題Ⅲ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

生姜ココアをしたら、筋ばっかり入ってて、飲み込めなかった霧内です。

ここのところ、毎日生姜ココアを飲んでいるのですが。

今日擦ったところ、筋ばっかりで。

飲んだらもしょもしょして思わず吐き出してしまいました。

ココアに入れる前に、そういうところは省いて入れるべきですね!!

しかし、生姜ココアを飲むと、お通じがよくなって痩せるとか聞いたんですが。

……まったくもって痩せない。

そういえば、バランスボールもあんまり役に立ってない気もする……。

地道に運動するのが一番きくんでしょうが。

面倒くさい。

立ったままできる腹筋をはじめましたが、3日目にして忘れてる……。

あ、あとでしよう。


さてさて。

超・妄想コンテストですけど。

50回を目処に、卒業しようかな、なんて思います。

まあ、3月いっぱいまでは続くでしょうが、4月からはどうなるかわかりませんが。

続くとしても、50回まで。

 

そこで見切りをつけて、他のところの短編大賞に応募したいな、と。

どっちもは難しいと思うんですよね。

短編大賞の方、かなり本気な賞なので、やっつけ仕事じゃ出せないし。

それに、超・妄想コンテストはいくら頑張ってもその先に繋がらないですが、そちらの賞はその先がありそうな気がして。

なので、超妄コンは50回を目処に卒業、と。

まあ、お題を見て、前々回のメガネみたいに乗りたいお題が出てくれば出しますが。

もう、本気で、皆勤目指してとかはやめよう、と。

昨日もお話ししましたが、私の立場だと、いくら頑張っても入選は難しそうな気がするんですよね。

編集部的にはどうも、新人さんに入賞させたいような気がしますし。

昨日発表された37回だって、大賞・準大賞は作品数、片手以下の方でした。

私みたいな常連は、入賞させなくてもどんどん応募してくるから、さほど重要視しないでいいとか見られるんじゃないかな……とか思ってしまいます。

 

いくら頑張ってもダメなら、そろそろ見切りをつけてもいいかな、と。

もしかしたら、やめていいよって誰かが言ってくれるのを待ってたのかもしれません。

昨日講師に、編集部と会話できる機会があるならどんどんアピールして次に繋げなさい、みたいなことをいわれたのですが。

エブの場合はそれが不可能で。

それになにより、次、がないんです。

超妄コンに入賞したとしても、待ってるのは電子書籍に収録、ってだけ。

それなら。

同じ力を出して、他の賞で、もっと先に繋がるものに出した方がいい。

そう、結論づけました。

一晩でそこまで出しちゃいましたけど、あまり後悔はありません。

(続くなら)50回まではいままで以上の全力を出して頑張る。

それ以降は、完全に趣味の範疇に収め、参加は楽しむ目的だけ。

そう、切り替えようと思います。

って、ほとんどの人にどうでもいい話ですが。

ま、私の決心ということで。