めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

2017-12-30から1日間の記事一覧

本年もお世話になりました。

こんにちは。今年はエブリスタの超・妄想コンテストで念願の入賞を果たし、さらにもう一度入賞。コバルトネコ小説賞も受賞。入賞はもらしたとはいえ、人気ゼロみたいなものなのに、カクヨム&富士見L文庫短編賞で中間選考突破。連載を始めた『契約書は婚姻届…

公開しました。『終わらない物語を、君に。』

吸血鬼のスクーナは、ある村にカードで誰も勝てない女がいると聞き、酒場を訪れる。人間の女など一捻りしてあわよくば今晩の食事に。軽い気持ちで噂の女の前に座ったスクーナだったが、負けたのは彼の方だった。それから毎晩、女――レスティンに勝負を挑むう…

公開しました。『恋煩いは医者じゃなきゃ治せない』

カイさんは私の家の近所に住んでる、個人病院のお医者さん。そして、お母さんに頼まれたって小さい頃から面倒をみてくれてる。……でもそれは、お母さんに対する点数稼ぎ。だって、カイさんが好きなのは私のお母さんだから。いつか、カイさんが私のお父さんに…

公開しました。『コーヒーはブラック?』

10月10日の眼鏡の日&コーヒーの日記念で書いた作品。『コーヒーはブラック?』夏休み明けて学校に行ったら、前の席の和泉くんが眼鏡をかけていた。「似合うだろ?」確かに格好いい、けどムカつく。だってそれは、私の好きは俳優が最近のドラマでかけてたのと…

公開しました。『恋と眼鏡』

随分前に公開していたんですが……。こちらではお知らせしてなかったので。『恋と眼鏡』エブリスタさんで公開しています。明治時代。加代は勤めていた前の屋敷で暴行を受けて追い出された。追い出されたところを拾ったのが華族の髙遠祐典。祐典は使用人である…