めがね文庫活動録

霧内杳個人サークル、めがね文庫の活動記録。作品更新のお知らせや、イベント情報など。

……演出とか。

エブリスタで更新中の、
「霧内さんのいいたい放題Ⅲ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

明日の晩ごはんは肉じゃがにしようと思う霧内です。

オーストラリアビーフですが、安いのが手に入ってですね?

明日の晩ごはん、多めに肉じゃがしとけば、明後日残ったので旦那さんの晩ごはんが賄えます。

明後日、作家塾の日なんですよね~。

旦那さん、自分でごはん作って食べてくれる人なら苦労はないのですが。

なにしろ、インスタントラーメンと目玉焼きしか作れないですので……。

昼間作っておいておきます。

それも、面倒といえば面倒。

なので、前日の残りが回せるとひじょ~に助かるのです。

自分の晩ごはんは、適当でいいですからね~。


さてさて。

ネタがなくて困ってますが(笑)

このあいだ、アニメの歴史みたいな番組を観てて、アニメ演出の方の話してることがなぜか納得できました。

同じことやってるな~って。

その場面をどうみせるか。

結構、気にしてます。

カメラワークとか、そういうの?

気にならないですか?

 

書いてるときに、主人公になってフルになにが見えてるか想像します。

んで、見えてるものを効果的に書く方法を模索、っていうか……。

視覚だけじゃなくて、空気、熱、音、匂い、体温、吐息。

そういうのまで結構イメージします。

とくに、山場だと。

そう考えると、脚本家はストーリーだけ考えればいいけど、小説家は全部を考えなきゃいけないから大変だな、と。

映像を作るのは、脚本家がいて演出家がいて、監督がいてですが。

小説家はひとりで全部やらなきゃいけない。

まあ、まんが家も一緒ですけど。

でも、まんが家さんは視覚情報が見えるようにできるだけ楽かな~とか思ったり。

無い物ねだりといえばそうですが。

自分が見えてるものが、読者さんに見えてくれると嬉しいな~。

そうなるように書いて書いて、練習するしかないですけどね。

あ、でも、意識するようになってだいぶ文章が変わったと思うんですよ。

……自己満足かもしれませんが。