めがじょの徒然日記

めがじょ、霧内杳の徒然日記。作品の更新情報やお知らせなども。

……おかんやろ?

エブリスタで更新中の、
「霧内さんのいいたい放題Ⅲ」より転載しています。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちはです。

昨晩も、蕁麻疹に悩まされてた霧内です。

医者が、アレルギーじゃないっていうから、前日の残りのエビフライを食べたらやっぱり蕁麻疹~。

今日はエビを食べないので、今日出なかったらエビアレルギーで確定ですよ。

仕方ないので、別の病院でアレルギー検査してもらいます。

違うといいんですけどね。

エビ、大好きだし。

エビがダメだとカニもダメかもしれないし。

カニも大好きだし。

回転寿司でエビを封じられると、途端に食べる物がなくなりますからね。

大好きな茶碗蒸しも食べられなくなりますし(エビはいってる)。

検査すれば納得するので、どこかでやってもらおう。


さてさて。

年末は実家に帰っていたわけですが。

そこであった出来事。

おかんがですね、ちょっと邪魔なところにものを置いてくれまして。

それで、

「お母たま。これはちょっと」

私がいった途端、姪っ子が変な顔をしまして。

「ちがうやろ、おかんやろ?」と。

 

おかんは杳のお母さんだから間違ってないよね、と説明したものの。

「間違っては……ない」

とまた、不思議顔。

そしてさらに、

「でもおかんやろ?」と。

彼女にとっておかんは、おかんという存在で、それ以上でもそれ以下でもないらしい。

なので、おかん以外で呼んでると、不思議に思うみたいです。

まあ、小さいときから「おかん」呼びだったですからね~。

いまさら納得できないのでしょう。

もうおかしくておかしくて。

あ、ちゃんと、おかんは自分の祖母ちゃんってことは理解してるんですよ?

でも、おかん。

いや~、小一の甥っ子一号ならまだしも、小六の姪っ子からそんなことをいわれるとは。

ちなみにあれですよ?

私はなぜか「杳」って呼び捨てですが、うちの旦那さんは「よっちゃん」。

弟は「ひろにぃ」です。

……なぜに私だけ、呼び捨て?

しかも、3歳くらいの頃は「おばちゃん」って呼んでたんですよ?

なのに気付ば呼び捨て。

不思議です。